ポジティブな子育て~ほめて育てる~part①

こんにちは☀発達支援セラピスト訪問事業所のH(言語聴覚士)です✨

本日のブログ内容は当事業所の仕事やABA_LABOの内容ではなく、子育てのお話です☝️

さて、なぜ子育てのお話かというと…

実は私も現在、子育て真っ最中なのです😳

そしてよく子育てをしながら自分の幼少期を思い出したりします。

少し昔の話をしてしまいますが、私自身、子どもの頃はわりと厳しくしつけられた方でした。

そして、私の場合、してはいけない事をしてしまった時、注意や叱責されて頭が真っ白になっていました。

なので、怒られた内容について頭には入っておらず、怒られた事実に対してただビックリしたりショックを受けてたんですね。

なのでまた似たような状況で同じことを繰り返す負の連鎖🌀

何度も怒られることでモチベーションは下がり、諦め、大人の顔色を見ながら判断して動くようになったり

自分で決めると失敗するので大人に決めてもらって行動することで失敗しないと学んでしまう…。

そんな幼少期でした。

でも割と厳しくしつける子育てがまだ当たり前の時代でもあったように思います。(各ご家庭にはよると思いますが😣)

そこからしばらくして、子どもたちへの色々な関わり方や支援について知っていき

その中でABAを含め、ポジティブな関わり方、考え方がある、というのを支援者の立場として知っていきました🙂

現在、支援者として、という立場でもありますが親としてもこどもと向き合いはじめました👶✨

最近、子育ての中でこどもが私に褒められると同じ行動を何度も何度も繰り返してくれるようになり、自身の小さなときの思いを振り返りながら、自分の子育ての中でポジティブな関わり、子育てを実践中です!💮

今回は前置きが少し長くなってしまったので具体的な内容については次回お伝えします😁

それでは、また👋