訪問支援先の職員研修を終えて

こんにちは🌞

発達支援セラピスト訪問事業所のH(言語聴覚士)です。

何度か記事を書いて投稿しておりましたが、こうして名前を出して記事を書くのは初めてです。(イニシャルだけではありますが🤭)

少しドキドキしますが、お付き合いいただければと思います。

今回、6月24日(金)にいつも訪問支援で行かせて頂いている、発達支援センターコメット2ndにて職員研修を行わせて頂き、

『こどもの良い行動を引き出す支援や考え方』というテーマで講師をさせて頂きました☺

実は私自身、研修会でお話すること自体が約1年ぶりくらいでブランクがありましたので、落ち着いてお話出来るかドキドキしながら…講話させて頂きました!💦

さて、研修の内容ですが、

研修前半は様々な特性を持つお子さん達にどのように関れば良いのか、その行動の理解と

子ども達がどのような状況にいるのかを実際にデモンストレーションを通して体験していただきながら進行させて頂きました。

また、普段私たち大人が行ってしまいがちな抽象的な声かけ具体的に分かりやすい声かけに変えてみよう!という実践も行いました。

例えば、よく伝えてしまいがちな「~しないよ!」という声かけですが、これを「こうしてみよう」とポジティブに具体的に伝える声かけを考えて頂きました。

この時間では先生方の色々な声かけのアイディアが出てきて、具体的な声かけ+αで子ども達がやる気になる声かけが多く出てきたのがとても印象的でした。

普段から子ども達に寄り添っていらっしゃる先生たちだからこその様々な声かけに、私自身初心に帰るとともに新しい学びを頂きました🙇

後半は実際に子ども達の行動をどのようにして見ていくのか、ABA(応用行動分析)の基本原理であるABC分析に(AきっかけB行動C結果)に当てはめて頂き、

子ども達の特性理解を踏まえた上で、現状の行動問題は何か子ども達を適切な行動へどう導いていくかきっかけの部分をどのようにしてあげれば行動上の問題が減るのか等ということを日常的に、丁寧に、考えていくことについてお伝えしました。

拙い内容だったかと思いますが、今回の研修を通して、日々の支援に少しでもお役に立てればと思っております。

お忙しい中ご参加頂いたコメット2ndの先生方、お付き合いいただき誠にありがとうございました。そしてお疲れさまでした。

これからもどうぞよろしくお願い致します✨