ポジティブな子育て~ほめて育てる~part②

こんにちは☀発達支援セラピスト訪問事業所のH(言語聴覚士)です😊

前回はABAを含めたポジティブな関わりや支援を知ったところまでのお話でした💡

では、今実際どんな実践を子育てでしているかというと…✨

まずは『ほめること』です✨✨✨

ただ、闇雲に褒めるのではなく、この行動や動作がもっと続くと良いなぁという場面で

その子が『もう一度しよう』と思える褒め方をすることがポイントです☝

「上手だね」「すごい」等と言語的に褒められることでそう思えるのか?

頭を撫でられることでそう思えるのか?

もっと言うとお菓子をもらえることでそう思えるのか?(いわゆる“ご褒美”ですね✨)

などなど、、、

どんな方法がその子にとって一番『もう一度しよう』と思えるかを考える必要があります🙂

たとえば、現在うちでは名前を呼ばれたら『手を挙げる🖐』を練習中です✨

このときも

A名前を呼ぶ→B手を挙げる(はじめは手を添えられて挙げる)→C褒められる

という流れで何度も何度もチャレンジしてもらっています。

子育ての中ではもちろん、こんな上手くいくことばかりではありません😅

私達保護者も一人の人間なので、、、どうしてもキーーッ!となることもあります。私も夜泣きやごはんをベーッと吐き出されたりして

「コラー!」となることが多々あります😂

ただ、怒らなくても伝える方法、行動を変える方法がある、ということを知っているのと知らないのとでは

日々の子育ての中での「これで良いのかな…」「これ、本当はしたらダメなんじゃ…」といった不安が少し和らぐのではないかと思います🍀

子どもさんの成長発達を保護者の立場でともに悩み、また一緒に考えていける支援者として

皆さんのお力になれればと思います🌸